やり取りのスムーズ化|優秀な日本データテクノロジーのサービス|通信産業の補助

優秀な日本データテクノロジーのサービス|通信産業の補助

オフィス

やり取りのスムーズ化

男性女性

パソコンを業務で使用する企業では社内だけでなく、社外のクライアントや取り引きに対してファイル転送を実施することがあります。容量の小さいファイル転送を実施する場合はメールの添付ファイルなどを活用するのも効果的ですが、大きめの容量となってしまった場合は、受け取り側のことも考えて外部のオンラインストレージやファイルアップローダーを活用するのが適切です。この2つのサービスは主に個人向けとなっていますが、BtoBのビジネスにおいて多く活用されているツールです。簡易的なアカウントを発行して、簡単にパスワードを設定できるので利用頻度の少ない企業に最適だといえるでしょう。
業務でファイル転送を頻繁に実施する場合は、ファイル転送システムを企業内部で導入するのが効果的です。このシステムはブラウザ上で動作するソフトウェアとなっているので、クライアントや取引先にソフトウェアを導入させることなく、ビジネスを進められるというメリットがあります。また、ファイルを保存する場所は社内にサーバーを用意するオンプレミスタイプと、外部の保存場所を活用するクラウドタイプが選択できるので、企業の環境に合わせて使い分けることが可能となっているのです。